少年科学館TOP

<お知らせ> 

〇tsulunosで、学校団体利用向けの施設紹介動画を公開しました。

〇『プラネタリウム・ぐんま天文台スタンプラリー2021』2/28まで開催

重要8/8~9/30まで科学展示室の利用およびプラネタリウム投影を休止します。

重要感染症予防のため、以下のイベントを中止します。

 ・9/15「親と子のプラネタリウム」

 ・9/17、18「星空とCD音楽の集い」

 ・10/3「こども宇宙教室」「大人の天体教室」

重要感染症予防のため、おもしろ科学教室の中止を10/29(金)まで延長します。

〇天体観察会   予約受付中

 

最新のできごと

 

9/18 秋の夜空をながめよう!       ~ 『  中秋の名月  』(9月21日)、『  月が土星、木星に接近  』(10月) ~

  

9/1 星空情報を更新しました。

8/7 ペルセウス座流星群が見られます。

8/3 茂林寺沼湿原の保全

大泉高等学校の植物バイオ研究部の活動報告です。地域や学校にはたらきかけている点がすばらしいです。

7/29 夏、本番!

科学館に遊びにきてくださいね。

7/25 夏とくイベント15

急な気象災害から身を守ろう!

今年は大雨による被害が各地で伝えられています。これからの時期、雷や竜巻などもふえてきます。正しい知識を身につけて命を守りましょう。(提供:前橋地方気象台)

 7/25 夏とくイベント14 

リサイクルエコ工作

群馬県地球温暖化防止活動推進センターのみなさんが今回も参加してくれました。色とりどりのオリジナル工作が完成しました。

7/25 夏とくイベント13 

自然のふしぎ実験室とリングキャッチャー

電気や岩石のふしぎについて、ひとりひとり自分の手で実験する子どもたち。体験からは多くの学びがあるものです。

7/25 夏とくイベント12 

のびて?ちぢんで!?あそんでみよう!

高崎量子応用研究所の職員の方から、不思議なプラスチックについて教えていただきました。

7/24 夏とくイベント11 

元祖サイエンスマジックショー

国際産業技術専門学校の小島先生が今年も来てくれました。いろいろな自然現象を楽しく紹介してくれました。子どもたちのキラキラした瞳が印象的でした。

7/24 夏とくイベント10 

「ミニドローンをとばしてみよう」

桐生市サイエンスドクター委員会の先生に教わって、ミニドローンを操作。みなさん、上手にとばすことができました。

7/23 夏とくイベント9

 ボランティア大活躍

昨日に引き続きボランティアの方々に助けられました。お客様に進んでかかわってくれていました。感謝です。

 

7/23 夏とくイベント8 

「アンモナイトの化石レプリカを作ろう

自然史博物館の職員の方から太古の生物について学びました。本物の化石にふれ、そっくりなレプリカが作れました。


7/23 夏とくイベント7 

「電動カートに乗ろう!」

渋川工業高等学校自動車科のみなさんに教わって、手作り電動カートを運転。初めての体験でしたが、見事なハンドルさばきでした。



 7/23 夏とくイベント6 

「鉄道王国がやってきた!」

手こぎ手トロでレールの上を疾走中。三立応用加工株式会社のご協力に感謝です。


 7/23 夏とくイベント5 

「171 使ってみよう!災害伝言用ダイヤル」

NTT東日本 関信越の職員の方の手ほどきで、災害伝言用ダイヤルにチャレンジ。くらしを守る科学にふれました。

 7/23 夏とくイベント4 

「キラキラスライムを作ろう!」

3つの液体を自分で混ぜて、スライムづくり。もんでいくと手ざわりが変わっていくのがわかります。

7/22 夏とくイベント3

ボランティアの手ほどきで、楽しい工作体験!

7/22 夏とくイベント2 

「土はなくても植物は育つ!?」

大泉高等学校植物バイオ研究部のみなさんが指導してくれました。子どもたちは、わくわくしながら無菌培養にチャレンジしていました。 

7/22 夏とくイベント1

体験と発見の4日間

今日から始まりました。プラネタリウムや実験、スライムづくりなどが無料で体験できます。25日まで開催予定です。

7/20

「もしもし・・・」どこにつながるのかな?

7/14

学校団体利用に向けて

昼食場所の芝生広場に抜ける通路を整備しました。見違えるほどきれいになりました。

7/11

ぱたりんちょう

土・日曜や祝日、夏とくイベントに来館して、ぱたりんちょうを作りましょう。 

7/10

金星と火星が接近します。

金星と火星

7/10

ボランティアと科学工作

磁石で動く「ぱたりんチョウ」、二人ともはさみの使い方がとても上手でした。

7/10

スタンプラリー スタート

群馬県内のプラネタリウムとぐんま天文台をまわってスタンプを集めよう! 

スタンプラリーのお知らせ

7/9

「空っ風発電」

どの風車が一番発電するかな?チャレンジ中

7/8

「分身の術」

あれ!?わたしそっくりな子ががたくさん!!鏡の世界にくぎ付けです

7/6

「つかんでごらん」

『ぐんまちゃん』どこにいるの? そこにいるのにつかめない!!不思議ですね。 

 

7/3

リニューアル初日のお客様からのメッセージです。

ありがとうございました!

 

 

6/29

フルHDから4Kへ

更新工事が始まりました。7/3から従来の4倍の精密映像でプラネタリウムが観られます。番組も刷新されます。お楽しみに!

6/27 

サイエンスショー

浮く力を逆の発想を生かして確かめました。浮いたり沈んだりする浮沈子に驚きの声が上がリました。

6/27 

スペースシャトルを模型で再現

2011年に引退したスペースシャトルは、ハッブル宇宙望遠鏡や国際宇宙ステーションの建造など現在の宇宙開発の礎を築きました。

6/26

天文コーナー

久しぶりの天文コーナー!たくさんの方が楽しんでくれました。

 

6/24

空の旅に出発

フライトシュミレーターに乗って、県内各地に遊びに行ってみましょう。どんな旅になるかはあなたの腕次第。


6/23

建物のフラダンス

地震のような揺れにびっくり!

6/22

ニホンカモシカとごあいさつ!

二階入り口のニホンカモシカとあいさつを済ませてからプラネタリウムを見学してくれました。

6/19

科学展示室 再開!

ひと月ぶりに子どもたちの楽しそうな声が戻ってきました。感染予防対策を行いながら、週末皆様をお待ちしています。

6/18

科学の甲子園ジュニア群馬県大会

理科や数学で学んだことをもとに、毎年、県内の中学生が様々な課題に挑戦します。今年も熱い戦いになりそうな予感がします。

 

6/17

科学館の”ぬし”のイモリです。

展示室でみなさまをお待ちしています。

6/13

暗闇に浮かぶGN-AT

先日ご紹介した光学投影機をライトアップしました。

6/10

リニューアルまであと3週間!

番組と投影設備のリニューアルが間近に迫ってきました。7月3日(土)から4K映像の投影が可能となります。

6/10

夏の大三角

今夜は新月。観察するには絶好の機会です。固定すれば、携帯電話のカメラでも簡単に撮影できます。ご家族で撮影会も素敵ですね。

6/9 22:00 

6/8

食塩水で虹を作ろう!

今回の実験では、濃度を変えて、いろいろな密度の食塩水を作ります。密度が違う水溶液は簡単には混ざり合いません。密度の謎を解き明かして、きれいな食塩水の虹を作ってみませんか?

6/4

星空情報を更新しました。

6/3

メイク・イット・バランス

自分が天秤のおもりになって、自分の位置を調節してバランスをとる展示物です。見事につり合わせると、反対側のおもりの箱が開きます。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

6/1

新プログラム作成開始!

「星空とCD音楽の集い」の新プログラム作成の様子です。音楽を聴きながら、リラックスして星空のながめていただけたらと思います。

5/27 ふしぎ発見!

さわった瞬間こおる水

過冷却の実験をしました。たった10秒でカチンコチン。夏休みの理科研究の題材にいかがですか?

 

5/26

皆既月食の前後

残念ながら皆既の時間帯は観察ができませんでしたが、その前後で三日月とは異なる月食ならではの様子が観察できました。次は11/19となります。お楽しみに!

5/26 20:00撮影(栃木県足利市)

5/26 20:49撮影(高崎市)

5/26 20:50撮影(高崎市)

5/26

今日は皆既月食

FC65(タカハシ製)の最終整備の様子です。皆既は20:09から始まる予定です。今夜は家族で夜空を見上げてみませんか?

 

5/25

天体の学習を支えた29年 

2016年に引退した光学式投影機GN-ATです。大小さまざまな電球で映しだされた星には、光学式ならではの美しさがありました。少年科学館プラネタリウムのシンボルとして、今もホールに展示してあります。機会があれば、ぜひご覧ください。

5/21

火星に思いをはせて

フリー素材で火星探査車「キュリオシティー」のペーパークラフトを見つけました。作ることで興味がふくらむこともあるものです。お子さんと挑戦してみてはいかがですか。

 

5/19

歯車ってすごい!

茶運び人形を製作しました。歯車の歴史は、古くは紀元前にまでさかのぼるそうです。人間の知恵と工夫を感じました。後日、展示予定です。

5/18 

少年科学館 整備点検 

古い展示物も数多くありますが、力を合わせて整備しています。休館が明けましたら、足をお運びください。お待ちしています。

 

5/16

「火星ドローン」モデル完成!

4分の1スケールで職員が製作しました。実際に2つのプロペラが回る様子が見られるようになっています。少年科学館は6月13日まで閉館ですが、再開の日に向けて準備を進めながら、皆さんをお待ちしています。

 

5/3 

こどもの日特別イベントその2 

協力団体の方々のご指導のもと、たくさんの子供たちが楽しく体験活動ができました。

5/3

こどもの日特別イベントその1

こどもの日イベントでは、ブンブンコマやスライム、ブーメラン、ツバメグライダー作りにたくさんの子が挑戦しました。

こどもの日イベント

5/2

あちこち風車

日曜日恒例の実験コーナー。ゆるやかにカーブした羽根は、弱い風でもしっかりとつかまえてくれます。風の中を歩くのが楽しくなるような科学工作でした。

4/29

クントの実験装置にびっくり!

今日は、連休初日。科学館では、子どもたちがいきいきと展示物をのぞき込んでいました。

4/25

帰ってきたサイエンスショー

1年ぶりのサイエンスショー。テーマは「液体窒素がうみだす冷た~い世界」です。雲を作り出す実験では驚きの声が上がりました。次回は5/23です。お楽しみに!

4/23

新オリジナル缶バッジ作成中

今年は、少年科学館で開催する「おもしろ科学教室」に参加してくれた子どもたちにオリジナル記念バッジをプレゼントします。こども向けイベントは、5/1から予約スタート。まとめて予約できます。

 4/20

科学展示室整備点検

皆様に安心して展示物をご利用していただけるように、職員で整備点検をしています。写真は「へびの前進(よこ波)」を点検している様子です。

 4/14

天体望遠鏡ライトアップ

プラネタリウムホールに天体望遠鏡を展示しました。(左から、ミューロン180、スペースボーイ、セレストロン C11)5/26の天体観察会では実際に使用します。投影前に、ぜひご覧になってください!

 
 4/11実験コーナー再開!

かんたん科学工作で楽しく遊んで学びましょう!4月は「紙の翼で竹とんぼ」です。感染対策を行い、日曜午後2:45から毎週実施しています。

4/11

投影終了まであと3週間

「星よりも、遠くへ」の投影をはじめてちょうど1か月。先週は東京からわざわざ足を運んでくださったお客様がいらっしゃいました。伺ってみると、現在投影をしているのは、全国で本館だけとのこと。興味のある方は、お見のがしなく!

4/8

紙の翼で竹とんぼ

4月の実験コーナーの教材は「紙の翼で竹とんぼ」を飛ばそうです。1階の展示室入り口付近にテーブルを出して、作成していただいています。4月は11日、18日にも行っていますので、ふるってご参加ください。

4/3 

天文コーナー再開!!

「宇宙人がいるほしにいってみたい!」7歳のお客様からのリクエスト。ベテラン職員が月や火星をご案内しました。イベント開催時を除く毎週土曜日、午後2時45分から、2階天文コーナーで実施しています。

 

3/24

DVD公開中 !

でんじろう先生の日曜実験室を公開しています。好きなDVDも選べます。

   

3/20

サイエンスボード更新しました!

「群馬県のサクラ」と「プラズマ」を掲示しました。これから見頃になるサクラの情報と生活の中で身近にあるプラズマの情報を是非ご覧ください。

3/19

「星よりも、遠くへ」好評投影中

東日本大震災で被災者された方々の星にまつわるエピソードをもと制作されたプラネタリウム番組です。感想を交流するための掲示版を設置しました。

案内

 

 

科学展示室

平日  学校団体利用のみ

土日祝 9:30~12:00,13:30~16:30

プラネタリウム

観覧料300円

中学生以下無料

交通手段

前橋駅南口より徒歩20分

休館日

毎週月曜日、年末年始、整備点検日

 少年科学館(9:00~17:00)

TEL 027-220-1876

FAX 027-221-5000